カウンセリングハウス Concierge順子 〜コンシェルジュ ジュンコ〜 Concierge順子はこころの救急車です。
カウンセラー紹介カウンセリングハウスのご案内出張カウンセリングほっとカフェ
教育分析(カウンセリングマインド)
                  〜カウンセリングを職業としてもちたい貴方へ

専門学校で資格を取得すると学校の方から「教育分析カウンセリング」を勧められることが多くなったようで
カウンセリングハウス Concierge 順子にも、近年数多くのカウンセラーさん達が「教育分析」を受けに訪れています。
カウンセリングをカウンセラーが受けることでクライエントさんたちが、カウンセリングを受ける時の心の状態や気持ちが
わかるようになり、なにより自分自身がカウンセリングを職業にするときに、どこが問題点となるのかが
わかってくると言われます。

Concierge 順子の「教育分析」の中で特に大切だと思うのは、カウンセラーとして活動して行くために、一番重要だと
思われるカウンセリングマインドです。
カウンセリングマインドという言葉の解釈は多々あるようですが、 Concierge 順子では「カウンセリングをするにあたっての
カウンセラーとしての心の持ち様」を問いかけ、そして本物のカウンセラーを目指すために、カウンセラーの方たちの
「個人として、人としての自己統一」からお手伝いしていきます。
収入や臨床を取る経営面だけにこだわらず、自分自身が「カウンセラーという職業を生きがいだ。」と思ったら
先ず始めなければいけないこと・・・
ご自分の人生から捉え返して、矛盾なき自己をご一緒に統一していきましょう。
「貴方が、貴方らしく生きることとは何か・・・。」
カウンセラーの方たちにも必要な認識・自己問答だと、私は常に思っています。

「人間の魂を受け取る側」として、「自分の魂」を捉え返して生きること
それが Concierge 順子のカウンセリングマインドであると、私は思っています。

抽象的な概念の構築は、自分の抱えたドグマとの戦いです。
「生きがいとして目覚めたカウンセリング」という職業が現実の生活力として活力が無かった・・・。
このドグマの中でカウンセリングを続けている方が多いのではないでしょうか ?
「だって、食べていけなければ生きられないのでは ? 」
そうです。人は生活しなければなりません。
最低限の栄養を摂取し、雨風凌ぐ屋根の下で下着や服を着て生きなければなりません。
しかし、人の「生きがい」とは精神面という概念の中にある方が多いのではないでしょうか。
人は、その時「物質」と「精神」の狭間で苦しみます。
そのドグマの渦中で「生きがいを生きがいとして持ち続けるために貴方が超えなければならないことは・・・ ?
そして、貴方が先ずなさねばならないことはなんでしょうか・・・ ? 」

そこを、もう一度、捉え返してみませんか・・・。
プロのカウンセラーとしてのカウンセリングマインドの構築のためにも・・・。
先ずプロとして必要な要素は「貴方自身の内面」にあることを忘れないでください。

私から、もう一度、貴方に問わせてください。
「貴方の職業的生きがいは、本当にカウンセリングですか・・・?」

↑このページのトップへ

札幌市中央区大通西16丁目1-16 ライオンズマンション第6大通702
                           TEL 011-213-8936 mail:junko@concierge-junko.com
                          カウンセリングタイム:10時〜22時 定休日:年中無休

HOME