カウンセリングハウス Concierge順子 〜コンシェルジュ ジュンコ〜 Concierge順子はこころの救急車です。
カウンセラー紹介カウンセリングハウスのご案内出張カウンセリングほっとカフェ
離婚カウンセリング

  フィクション
昔の男が置いていった有斐閣の書籍を今さらながら手にしてみる。
民法第 4節離婚・第 763 条{協議上の離婚}からはじまるその文面に「紙切れ一枚」という得意の捨て台詞を投げかける。
しかし、「離婚」という二文字に含まれた人生は、人間の生の軌跡にあまりにも大きな空洞を作る。
その心に掛かる負荷は止め処なく血潮となって空洞に流れ込み「痛み」をもたらす。
そして、こんな法律書など無意味に思えるほど、離婚は膨大なエネルギーを、お互いから吸いとる。
そして、お互いの人生を振り返り、涙とともに「愛のかたち」が消え去る。
別れは一体、人間にとってどんな意味をもつのか・・・。
そして、通過することも、降りることも出来ない「駅」をトラウマとして私に残したまま
これからのスタートなのか、既にフィニッシュしてしまった ゴールなのか、曖昧な、無味乾燥な気持ちをこころに残していく。

離婚カウンセリング
Concierge 順子の「離婚カウンセリング」は、法的アドバイスでも法的相談でもありません。
あくまで、結婚を継続しがたい・離婚の傷を癒したい・離婚を考えているが迷っている等、男と女の愛の結実であるはずの
結婚が、何らかの理由でこころを傷つけた場合そんな「こころの傷や悩み解消のお手伝い。」のためのカウンセリングです。
離婚問題には親権の問題や財産分与の問題などが絡みますが、もうひとつの大切な問題は「こころの問題」を
解決しなければならないことでしょう。
形式的な難問は法的代理人に任せるにしても、こころの痛みは簡単には解消してくれないかもしれません。
離婚を考える時の理由は
性格があわない
浮気
暴力 (DV)
精神的虐待
家庭内別居状態
経済的問題
相手の親族とのトラブル
セックスレス・・・・等々、婚姻を継続しがたい様々な離婚理由が挙げられますがConcierge順子離婚カウンセリングでは
そこに生じる「こころの問題」を、ご一緒に考え、カウンセリングし、アドバイスします。
協議離婚・裁判上の離婚に関わらず、ご一緒に「ご夫婦が抱えている問題」も含めて、様々な見地から
見つめなおしてみませんか ?
愛が壊れる時「裏切られた、失望した、怒り、恐怖、見捨てられ感、淋しさ、くやしさ、憎しみ、みじめさ」・・いろいろな感情が
倒錯します。
別れを考えている時に「愛の縺れた糸」を少しずつ、ご一緒に解いていく
そして「堰を切ったように流れていく思い」を少しずつ、ご一緒に受け止めていく
そんなカウンセリング〜離婚カウンセリング〜です。
                                                カウンセリングのご予約はこちらへ


↑このページのトップへ

札幌市中央区大通西16丁目1-16 ライオンズマンション第6大通702
                           TEL 011-213-8936 mail:junko@concierge-junko.com
                          カウンセリングタイム:10時〜22時 定休日:年中無休

HOME