カウンセリングハウス Concierge順子 〜コンシェルジュ ジュンコ〜 Concierge順子はこころの救急車です。
カウンセラー紹介カウンセリングハウスのご案内出張カウンセリングほっとカフェ
つれづれ日記
性格の4層クレープについて・・・性格は4層になって一番中から次の順でクレープのように包み込まれるように膨らんでいくとされます。
「気質」
生まれたばかりの赤ちゃんが持つ性格。生まれつきのもので、絶対変わりません。遺伝やお母さんのお腹の中でつくられるとされます。「胎教」といわれる赤ちゃんがお腹の中にいる時からお母さんがモーツアルトの音楽を聞いたり、日向でゆったりとした気分で過ごしたりすることが、お腹ですくすく育っている赤ちゃんに影響されると考えられています。
「気性」
両親または養育者に育てられた幼少期につくられると言われます。変わってきますが、大部分は変わらないでしょう。年齢を重ねていくごとに変わらないパーセンテージが増していくと言われます。両親または養育者が、子供をどのような環境で育てていくかの責任が問われる部分の性格形成です。
「習慣的性格」
ここが性格を変えるにあたって一番重要な部分です。簡単に言うと「習慣的性格」とは、人と接する時に自分がどんな態度をとるかによって人からの評価として表れる性格で、例えば人とぶつかった時に、頭を下げて「御免なさい。」というのと「あぶねぇな!気をつけろよ!」と、怒鳴るのでは人からの評価が違います。
前者は「礼儀正しい良い人だ。」と言われ後者は「マナーが悪い奴だ。」と言われます。習慣的性格が変わってくれば、当然、周囲の評価も変わり、自分の「心持ち」も変わります。余談ですが「歩く姿勢まで変わった人」を私は知っています。
「役割行動性格」
例えを出した方が解り易いと思います。
「職業裁判官、2歳になる子供あり、趣味は大学時代の友人飲みに行くこと」というa男さんがいます。a男さんは裁判官でいる時は「厳格で自分の先入観を捨てて、平等に物事をとらえる生真面目で無口な性格」です。でも、家に帰って子供をお風呂に入れる時は父親の顔をして「鷹揚で優しく、素直に喜びを表現出来る親しみ易い性格です。」そして、友達といる時には「フランクで純粋、あけっぴろげに心を開く事が出来る社交的な性格」です。
人は自分のおかれた役割によって自然と、それそれの社会に適応した性格になります。
性格は変えられます。「習慣的性格」は変えられます。
時間もかかり、大変ですが変えられます。
ここが変わったせいで少しだけ「気性」も変わってくる場合もあります。
変え方は
(1)自分を徹底に見つめて、自分を知ること。
(2)自分のなりたい性格を考え、なりたい自分を想定してみること。
(3)なりたい自分になって行動すること。

カウンセラーは「性格」を変えたい貴方のお手伝いも仕事のひとつです。
自分自身を探すこと、知ることから初めるために、心理テスト、内観法、本音で語るお手伝いもします。クライエントを見守り、励まし、時には辛抱強く待ったり、叱咤激励したりしながら適切なアドバイスをします。

カウンセリングのご予約はこちらへ

↑このページのトップへ



札幌市中央区大通西16丁目1-16 ライオンズマンション第6大通702
                           TEL 011-213-8936 mail:junko@concierge-junko.com
                          カウンセリングタイム:10時〜22時 定休日:年中無休

HOME