カウンセリングハウス Concierge順子 〜コンシェルジュ ジュンコ〜 Concierge順子はこころの救急車です。
カウンセラー紹介カウンセリングハウスのご案内出張カウンセリングほっとカフェ
メンタルヘルスカウンセリング

1994年に作成されたアメリカ精神医学学会の「精神疾患の診断・統計マニュアル」のことで現在はDSM-IYが
日本でも使用されています。
そのため、以前とは病名表記が変わっています。特徴としては「神経症」という病名が使われなくなりました。
不安神経症は「パニック障害」や「全般性不安障害」抑うつ神経症は「気分変調性障害」強迫神経症は「強迫性障害」
心気神経症は「身体表現性障害」。一般的に使用される「自律神経失調症」も、この分類では「身体表現性障害」と分類
されます。次のDSM-Vは2011年に改定予定とのことです。
簡単に分類だけ書いておくと下記のようになります。

・幼児期・小児期・青年期に初めて診断される障害
・せん妄・痴呆・健忘性障害、認識障害
・一般身体疾患による精神疾患
・物質関連障害
・精神病性障害
・気分障害
・不安障害(パニック障害・特定の恐怖症)
・身体表現性障害
・虚偽性障害
・解離性障害
・性同一性障害
・摂食障害
・睡眠障害
・衝動制御の障害
・適応障害
・パーソナリティ障害

「病を治すのではなく、病人を治す」
精神治療で有名な神田橋條治医師の御言葉です。症状を消すという心構えではメンタルヘルスのカウンセリングは
出来ないと思います。目の前にいるのは、ひとつの生命・生きるという権利を所持している「主体」です。
その主体に芽生える「感情」を受けとめ
目の前に座る主体の尊重からメンタルヘルスカウンセリングは始まります。

不安障害

不安

 

すみません・・・近々に不安障害(全般性不安障害・PTSD・強迫性障害・恐怖症などをまとめます)


強迫性障害(強迫神経症)

恐怖症(フォビァ)とは
特定の対象(例えば赤い物、虫、刃物、汚れた物等)や特定の状況(例えば閉所
高い所、乗りもの等)に関係してだけ強い不安を感じますがその他は大丈夫という神経症で強迫性障害は
この恐怖症から繋がってくる場合があります。

すみません・・・こちらも執筆中です。


身体表現性障害

ストレスが身体に現れ日常生活に支障が出ている心の障害の総称で代表的なものが下記の4つです。
原因は不明ですが、心理的要因が発症にかかわっています。ストレスや不安、心の葛藤などが、無意識のうちに
様々な身体症状(転換症状)に現れると考えられます。
心気症
頭痛や胃痛など、ささいな身体の変調から「自分は重篤な病気にかかっているのではないか」と心配し
不安におびえる心の病です。
癌・エイズ・肝硬変・白血病などを、心配してしまう例が多いですが、検査では「異常なし」です。
医師にそう言われても「まだ発見されていないのではないか」「特殊な病気なのではないか」と病気ぶあることを確信します。
転換性障害
突然・目が見えなくなる
   ・声が出せなくなる
   ・歩けなくなる
   ・手足の痛覚がなくなる というように、明らかに身体的な症状があるものの、原因は身体ではなく心にあるというもの
つまりは「心の不安」が身体に置き換えられたものなのです。
身体化障害
頭痛・下痢・腹痛・吐き気・月経不順など、様々な体調不良を訴えるのですが調べてみても「異常なし」。
転換性障害と同様、心の不安が身体の症状に置き換えられたものです。
疼痛製障害
身体のある部分に、ズキズキとうずくような痛みが、いつも感じられるのですが内科・外科とも「異常なし」。
明らかにストレスが関係していると認められるものです。
ポイント
・本人がストレスによって症状が左右されることを納得すること
・ストレスを突き止めてり乗り越える対策を見つけること
・誤った解釈をしている場合は正していくこと
・支持的精神療法も有効であること
・疾病利得には甘えないこと(疾病利得・・・病気になることで心的葛藤を意識の外に置きストレスと向き合わなくて済む
                          家族や周囲の人から世話や愛情を受けられること)



メンタルヘルスとお薬

メンタルヘルスとお薬の効果について質問される場合があるのですが、神経症の程度については医師と相談の上
使用して欲しいと思います。
私の個人的な意見としてはメンタルヘルスに関しては有効に作用すると思います。
弱い安定剤・強い安定剤・抗欝剤・刺激剤等に分類されますが、一般的に安定剤といわれるのは、この中で
「弱い安定剤」のことで「ホリゾン、バランス、コントール、リーゼ」などがあります。
ただ、副作用・常用性はあるでしょう。軽い睡眠効果もあると思います。
是非、信頼できる医師のもとで、よく話し合われて使用してください。                

お薬についての雑考
「薬を頼っている。」「薬に甘えている。」
お薬と呼ばれる全て、風邪薬も胃腸薬も鎮痛剤も安定剤も・・・そう、全ての薬を飲用することが、どうして上記に書いてある
言葉になるのでしょうか ?
日本人の「根性」を語る民族性からでしょうか ?
お薬を飲んでいると「意志力の欠如」を問われるわけでしょうか ?
私は、違うと思います。そう言う周りも違うと思います。
だからって、やみくもに薬を勧めているわけでもありません。
ただ、お薬を飲んでいる方、全員にこう言いたいのです。 (鼻水を止める薬を飲んでいる方にも、二日酔いの薬を飲んでいる方
にも、睡眠薬を飲んでいる方にも、薬が家庭薬であるか否か・強い薬か弱い薬かという概念をはずして)

「貴方は薬の力を借りてでも、会社に行き立派に仕事をこなし生活を支え、
手料理を作って家族にふるまい栄養を与え、朝は布団を上げ、夜は火の元の確認をして消灯する。そうやって立派
に日常生活をこなしているのではないですか
?」(^_^)。

「お薬を止めたい。」と考えることは理解できます。
「出来れば飲まないのにこしたことない。」という言葉は確かにそうです。
でも、飲用しながらも大変な思いをして、為すべきことを為している、そんな貴方は立派だと私は心からそう思います。(^0^)/。

この物語を読んで、どう感じますか ?

ターミナル・ケアと呼ばれる中のひとつに「ホスピス」があります。
末期癌の患者さんが、痛みを止め少しでも「余生」と言われる自分の人生を、自分らしく生きていくための施設です。
そこに、あるお婆ちゃんがいました。
お婆ちゃんは、ここに来るまで一人暮らしをしていて伴侶も子供も親戚もいません。
ホスピスに来てから、お医者さんや看護婦さんや仲間たちと、何年ぶりかの「会話」をしました。
お婆ちゃんは楽しかったのです。
でも、癌におかされてしまったお婆ちゃんは一日の大部分を寝たきりで過ごさなければいけなくなりました。
お婆ちゃんは一日 3 分でも良いから、ホスピスの大広間で皆と顔を合わせたかったのです。
「自分の望みを叶えたい。」
お婆ちゃんは一粒の凄く強い薬の力を借りて、今日も頑張って大広間へ向かいます。
たった 3 分の時を過ごすために。
自分の人生の瞬時でも、実りある時間が欲しくて・・・
命ある限りの時を「自分らしく」生きたくて・・・。


↑このページのトップへ

札幌市中央区大通西16丁目1-16 ライオンズマンション第6大通702
                           TEL 011-213-8936 mail:junko@concierge-junko.com
                          カウンセリングタイム:10時〜22時 定休日:年中無休

HOME