カウンセリングハウス Concierge順子 〜コンシェルジュ ジュンコ〜 Concierge順子はこころの救急車です。
カウンセラー紹介カウンセリングハウスのご案内出張カウンセリングほっとカフェ
ごあいさつ

来談者中心療法
カール・ロジャースによって生みだされた心理療法でクライエントの「悩み」をカウンセラーが自分のものとして理解して我が身に受け入れ同化し(受容・共感)クライエントの「悩み」を心底から断腸の思いで聴くこと(傾聴)から始まります。
初回はクライエントに一時間の8割位お話しして貰います。
現在のカウンセリングの基本となる療法ですが「そんなんだったら、お金払わなくたって友達に聞いて貰うわよ。」という方も
いらっしゃると思います。
友達は貴方の「悩み」を真剣にそして貴方の思い描くとおりに聞いてくれるでしょうか?
もしかしたら友達は
「そんなことで悩まないでよ。」と感じているかもしれません。
「そんなんだったら、そのロジャースとやらで私の心が癒されることを立証してから言ってよね。」と思う方もいらっしゃると
思います。
ところがここで知っておきたいのは、この来談者中心療法はカウンセラーの技術によって
「悩みの解決方法をクライエントが自分で見つけ出すのです。」
簡単そうに聞こえるかもしれないですが、カウンセラーがクライエントを理解することでクライエントを支えることもでき
カウンセラーが絡まったクライエントの
「こころの糸」をひとつひとつほどいていくことによって「悩み」の整理が可能となり
だんだん「すっきり」してくるという素晴らしい療法だと思います。
言葉を吐き出し、心が「空」になるということは思いのほか自分自身の軽さとなることを体験してみてください。

癒されるということを少しだけ考えてみましょう。
「先生、彼氏が浮気して私、夜も眠れないの・・。」とクライエントが話した時に「眠り薬あげようか。」とか
「そんな男、捨ててしまえ。」では何の解決にもならないでしょう。
別れるべきか、許すべきか、でも好きだから未練があるから悩んでいることを理解しながら
クライエントの気持ちに共感をもって「辛いよねー。」と接するから癒されるのだと思います。

Concierge順子では来談者中心療法を中心におき、まずクライエントの「悩み」を受容・共感・傾聴して各種療法(下記参考)を併用して取り入れています。

カウンリングのご予約はこちらへ

各種療法
カウンセラーがクライエントの心の回復を見ながら来談者中心療法と併用して使いわけます。
行動療法・・高い所が恐いという不安をもつクライエントが訪ねて来た時を例にあげてみましょう。
カウンセリングの窓口である来談者中心療法によってこころが落ち着いたクライエントは
「高い所って本当は恐くないのかもしれない。」と思います。
次に「何故、高い所が恐いのだろう。」ということをクライエントはカウンセラーの補助で発見します。
自分を理解できたクライエントは「高い所が恐くないようになりたいな。」と思います。
その時カウンセラーはクライエントを励ましながら徐々に高い所に慣れさせていきます。
10回のうち5回「やっぱり恐い。」と思います。
でも、カウンセラーの絶え間ない援助によって勇気付けられたクライエントは、今度は10回のうち3回しか恐くなくなります。
これが行動療法です。

家族療法・・特に「不登校」の場合はご家族のご協力が必要不可欠です。
そして、不登校をしている生徒さんは、その原因や自分の本音を周囲に以外と話していないことが多いという事も
ご家族の方は知っていて欲しいと思います。
不登校の生徒さんに「自分の殻」から脱皮して頂くのもカウンセラーの仕事です。
来談者中心療法との併用で、徐々にこころを解放していった生徒さんはカウンセラーに本音を話し始めます。
もう一方、カウンセラーはご家族の方とも充分にお話してどういう環境で育ち
どういう経過で、どの位(何年間)の期間不登校でいるか等を聞きながらご家族との信頼を結んでいきます。

論理療法・・エリスによって提唱された認知行動療法のひとつです。
人は思い込むことによってマイナス思考にとらわれる場合があります。
それをプラス思考に転換するようにクライエントの考え方・物事の捉え方をカウンセラーが導いていきます。
例えば
(1) うちの息子はテストで先月30点だったわ。
(2)先月より今月の方が勉強しているみたいだわ。
(3) まぁ今月も35点だわ。
(4)勉強したわりに・・息子の将来は終わりだわ。

悲観的にものごとを捉えると、けして良い結果は生まれないものです。
頑張って先月より5点も点数が上がった事・頑張る事は先に繋がることと受けとめられずに成績の良し悪しだけが
人間の将来の幸せに繋がると思っている「思い込み」に他ならないのではないでしょうか?
では、この思い込み(うちの息子はもう駄目だ)を持ってお子様に接していたとしたら、お子様のテストの点数は
良くなるでしょうか?
クライエントを励まし勇気付けていくカウンセリングが効果があるように、マイナス思考をプラス思考に変えて接していた方が結果、良い方向に向いていくと私は考えます。
人は間違った思い込みを、時にしてしまいます。これをイラッショナルビリーフと呼ぶのですが
御話の流れの中で自然とカウンセラーはクライエントさんに投げかけていきます。

雑学ですが「虹」は日本では7色だといわれています。
ただ、外国には3色だとか5色だとか言う国があることをご存知でしょうか?
私たちが物を見る時に、本当に物を見ているのではなく実は「思い込み」というフィルターを通して見ているのです。
Concierge順子ではこの論理療法を積極的に併用していきたいと思います。

カウンセリングのご予約はこちらへ


↑このページのトップへ


札幌市中央区大通西16丁目1-16 ライオンズマンション第6大通702
TEL 011-213-8936 mail:junko@concierge-junko.com
カウンセリングタイム:10時〜22時 定休日:年中無休

HOME